フォーカス

【クチュール連載】「ルイ・ヴィトン」の展覧会で知った“冒険旅行にティーカップを持ってゆく方法”

 パリでは常にどこかでファッション関連の展覧会が行われています。今行くなら、グラン・パレで開催中の「空へ、海へ、彼方へ(VOLEZ VOGUEZ VOYAGEZ―ルイ・ヴィトン」展でしょう。

 1854年の創業から現在までのメゾンの歴史を辿る内容なのですが、単に「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のアーカイブを見るのではなく、その商品が生まれた社会的な背景や風俗を含めて知ることができるので面白いです。

 会場につくと長蛇の列。日曜日だったこともあり、親子連れの姿も目立ちます。パリで開かれるこういった展覧会でいつも思うのは、来場者はそのブランド好きの人だけではなく、実に幅広い老若男女だということ。昨年開かれた「ジャンポール・ゴルチエ」展も数時間待ちの人気でしたが、並んでいる人は尖ったゴルチエ・ファンよりもむしろ、ファッション的にはごく普通の人が多かったです。

 ファッションの展覧会って、服やバッグやジュエリーそのものを見るというより、その背景にある風俗やルーツ、時代の流れを伝える内容が多いから好奇心を満たしてくれるんですよね。

 会場内ではヘッドフォンを着用して、日本語の解説を聞きながら観覧します。で、「ルイ・ヴィトン」のルーツを辿る旅、どこから始まると思います?

160127_hcc_003

なんと、木、でした。

 創業者ルイ・ヴィトンは1835年、14歳の時に故郷のスイス国境にほど近いアルシェ村を離れて、パリで荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いになりました。木材はトランク製造の要であり、同時にルイの故郷の森林風景を想起させるものだったそうです。頑丈な木のトランク。その原点があるから、後にアーティストの絵画やビジネスマンの書類など、その人にとって大切なモノを入れて運ぶ安全・安心なバッグとして成長してゆくのだと分かります。

次ページ:「ルイ・ヴィトン」のルーツ、トランクと旅行の関係▶