ファッション

“すきっ歯モデル”のリンジー・ウィクソンが引退、陶芸家に

 モデルのリンジー・ウィクソン(Lindsey Wixson)が自身のインスタグラムでモデル業を引退することを発表した。足の怪我のためにハイヒールを履くことが困難となり、引退を決意したという。引退後は、アーティストとしてプロジェクト「WIXSON DESIGN」の下、陶芸家やプロダクトデザイナーとして活動する。

 リンジー・ウィクソンは、1994年アメリカ・カンザス出身。15歳の時にすきっ歯、腫れた唇、割れた顎といった特徴的な顔をフォトグラファーのスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)に見出され、モデルとしてのキャリアをスタートした。その年の2010年春夏コレクションでランウエイデビューを果たすと、勢いそのままにモデルとして歩いた「ミュウミュウ(MIU MIU)」のキャンペーンに起用。その後、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)のミューズとして「シャネル(CHANEL)」や「フェンディ(FENDI)」、さらには「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」「リバーアイランド(RIVER ISLAND)」といった数多くのブランドの顔となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。