ファッション

50年ぶりの大革命!? 人工「蜘蛛の糸」は何がすごいのか

 世界で1年間に生産される繊維素材約8900万トンのうち、実に7割以上が化学繊維で、そのほとんどはポリエステルで占められている。しかし、それが大きく変わるかもしれない。

 米国のベンチャー企業ボルトスレッズ(Bolt Threads)は7月20日、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)とのパートナーシップを発表した。両者は合成タンパク質から製造する、いわゆる人工「蜘蛛の糸」を使ったウエアを共同で制作する。人工の蜘蛛の糸と言えば、日本ではゴールドウインも出資するスパイバー(Spiber)の「クモノス(QMONOS)」が有名だが、石油を原料にするポリエステルと違って、地球上に豊富に存在するタンパク質を原料にした合成高分子は、米国の軍事研究機関である米国国防研究計画局(DARPA)も巨額の資金を投じるほど、国内外で大きな注目を集める夢のテクノロジーだ。人工蜘蛛の糸は、ポリエステルやシルクなどの従来の繊維と一体何が違うのか。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。