ファッション

人工クモ糸素材のムーンパーカが17年以降に発売延期

 ゴールドウインは、ベンチャー企業のスパイバーと共同開発し、2016年内の発売を予定していた“ムーンパーカ”を17年以降に延期すると発表した。理由は素材品質安定性向上のため、さらなる研究開発の時間が必要になったため。

 “ムーンパーカ”は、「ザ・ノース・フェイス(THE NORCE FACE)」の"アンタークティカ・パーカ"をベースに、スパイバーが世界で初めて開発に成功した人工合成クモ糸素材"クモノス"を表地と刺しゅう部分に使用したもの。同素材を用いて、実際の工業ラインで生産した“ムーンパーカ”のプロトタイプを昨年10月に発表しており、量産体制に向けて整備を進めていた。

【関連記事】
ゴールドウインとスパイバーが第一弾のプロトタイプを発表 30億円投じたクモの糸とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。