ビジネス

モデルのラッキー・ブルー・スミス、19歳でパパに

 モデルのラッキー・ブルー・スミス(Lucky Blue Smith)が19歳でパパになった。ママは26歳で元ミス・ティーンUSAのストーミ・ブリー(Stormi Bree)。2人の間に生まれた女の子は、グラヴィティー・ブルー・スミス(Gravity Blue Smith)と名付けられた。

 ラッキーは自身のインスタグラムで、「こんなに嬉しかったことは今までにない。この世で一番愛しているよ」とコメント。ブリーはインスタで3人の写真を公開し、「ようこそ、私の天使ちゃん。これまでにない、最高に美しい贈り物をありがとう」とコメントしている。

 2人がインスタで妊娠を発表したのは3月。ラッキーはその後、米「WWD」に「自然の成り行きに従っただけ。周囲の人々は、僕らに親になることのイロイロを教えてくれたよ」と、子作りに励んでいたことを明らかにした。

 ラッキー家族は敬虔なモルモン教徒。モルモン教は、婚姻後でも性行為における避妊を否定している。

 ラッキーは、インスタのおかげで一躍スターになったモデルの元祖的存在。ファッション・ウイークではしばしば、インスタで次に出演するショーの時間や場所を告知。ショーの後は集まったファンの声援に応え、ハグしたり、一緒に写真をとったりのファンサービスをすることで一気に有名になった。結婚するまで純潔を守るモルモン教徒であることは、彼のアイドル性を増す要因になっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら