ファッション

「メゾン マルジェラ」の2022年“アーティザナル”コレクション 2年半ぶりのリアル発表は演劇と映画を一体化させたスペクタクル パリ現地取材リポートVOL.6

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」を率いるジョン・ガリアーノ(John Galliano)が約2年半ぶりとなるリアル発表の会場に選んだのは、シャイヨー宮の地下にある大きな劇場。コロナ禍には、長編映像作品を通してオートクチュールラインに相当する“アーティザナル”コレクションを発表してきたが、今回の発表にもその要素を盛り込んだ。

 勾配のある会場に入ると、すでに舞台袖には何人かのモデルがスタンバイ。複数のスクリーンが設置された舞台からも、これがただのファッションショーではないことがうかがえる。今回ジョンが挑んだのは、演劇と映画を一体化させた新たなフォーマットのリアル発表。観客の目の前で繰り広げられる演劇を多彩なカメラワークを生かして撮影し、その映画のようなライブ映像を会場中央のスクリーンに映し出すとともに、デジタルでも同時配信するというものだ。「シネマ インフェルノ(Cinema Inferno)」と題した同作は、独創的な視点をもつ彼自身が構想し、イギリスの劇団イミテイティング・ザ・ドッグ(Imitating the Dog)とのコラボレーションによって実現。事前に収録された声に合わせて舞台で演じるモデルたちが、2022年”アーティザナル”コレクションをまとう。

 アメリカの古い西部劇やサスペンス、ロードムービーなどを想起させるストーリーの主人公となるのは、若いカップル。不幸な運命に苛まれ、銃撃で負傷しながらも車で逃亡する姿を、過去のフラッシュバックシーンを交えながら描いていく。それは、「“アーティザナル”のアトリエで開発された素材とカッティング技術を用いて、親、法律、教育、宗教、医療に見られる男性支配社会の権力乱用の表現を探求する」ものだという。

 冒頭から何度も登場するカップルを追う不気味なカウボーイたちや、ガリアーノの「メゾン マルジェラ」に欠かせないモデルのレオン・デイム(Leon Dame)扮する主人公が身に着けるのは、まるで砂が吹き付けられたようなウエアやアクセサリー。これは“サンドストーミング”と呼ばれるメゾンの新たな表現で、フロック加工やニードルパンチ、ジャカード、ビーズ刺しゅうなどで生み出されている。そして、もう一人の主人公を務めたルル・テニー(Lulu Tenney)は、淡いグリーンのチュールドレスを軸にしたレイヤードスタイル。ほかにも、今季は複数のチュールドレスを切り裂いて再構築した幻想的なプロムドレスを、ラベンダーやピーチピンクなどの綺麗なシャーベットカラーで提案している。

 また、終盤に登場するナースたちがまとうのは、往年のオートクチュールと手術着を掛け合わせたかのようなテントラインのドレスコート。テーラリングには、歴史的に権力の象徴だったネックウエアのジュネーブバンドから着想を得たカットや、粗い白ステッチ、カットアウト&カットオフディテールを施している。さらに、ビンテージアイテムや余剰素材をアップサイクルして提案する“レチクラ”では、19世紀のアンティークベッドリネンやビンテージのハンカチから「ペンデルトン(PENDELTON)」のチェックシャツ、20世紀のパンプスまでが、新たな姿に生まれ変わった。

 30分以上におよぶスペクタクルは、観るものを物語の世界へと引き込む完成度の高さだった。それは、コロナ禍にクリエイティビティーを表現するフィールドをさらに広げたジョンだからこそ成し得たことであり、フィナーレに会場は大きな拍手で包まれた。ただ、心を痛める事件や出来事が多い今を生きる中で、フィクションといえどもその強烈で残虐とさえ言える表現はショッキングでもあった。それを目の当たりにして、複雑な気持ちが残ったのもまた事実だ。


 2022-23年秋冬オートクチュール・ファッション・ウイークが7月4日から7日までに開催された。今季からは、ついに公式スケジュールに名を連ねる全てのブランドがリアル発表を再開。世界中からVIP顧客やセレブリティーもパリに戻り、華やかなムードに包まれた4日間のファッションの祭典から、注目ブランドのショーリポートをお届け!