ビジネス

又吉直樹が脚本をつくり吉岡里帆や黒木華などが主演 「WWDJAPAN」の椅子連載が「WOWOW」オリジナルドラマ化

 「WWDJAPAN」で2016年から約1年間連載したコラム「名作椅子をめぐる旅」に加筆した書籍「ストーリーのある50の名作椅子案内(以下、名作椅子案内)」が、「WOWOW」のオリジナルドラマ化された。脚本は、芸人として活躍しながらデビュー小説「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹。「又吉直樹マガジン 椅子」の編集長を務めた無類の椅子好きである又吉が書き下ろしたストーリーが5月27日から全8話で放送・配信される。

 「WOWOWオリジナルドラマ 椅子」には一話に付き1脚の名作椅子が登場し、椅子と女性の人生が重ねて描かれている。主演は、吉岡里帆や黒木華、モトーラ世理奈、石橋菜津美が主演を務める。4人の女優が、全く異なる二人の主人公を演じるオムニバスドラマ形式で、ドラマに登場する椅子も重要な役どころを担っている。登場するのは、1859年に発表されて以来愛され続けている「トーネット(THONET)」の“ナンバー14”や「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN )」の“アリンコ”チェア、「カール・ハンセン & サン(CARL HANSEN & SON)」の“Yチェア”、「アルテック(ARTEK)」の“スツール60”など、おなじみの名作椅子ばかり。又吉自身もドラマでは、怪しげな椅子店の店主として登場する。椅子の監修には連載コラムおよび書籍「名作椅子案内」の著者である萩原健太郎が携わった。

 又吉は、「“椅子”と“女性”をテーマに複雑で普通ではない世界をつくってほしいという依頼を受け、面白そうだと思い引き受けた。今回ストーリーを描くにあたり、改めて椅子について調べて知った部分もたくさんある。8話全部、異なるがスタッフ全員、全力でつくったので、面白がってもらえるとうれしい」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら