ファッション

モダン家具の代表格ハーマンミラーがノルを買収 世界最大のインテリアのコングロマリットが登場

 米インテリア企業のハーマン ミラーは7月19日、米インテリア企業のノルを買収し、新会社名をミラーノルにした。「ハーマン ミラー(HERMAN MILLER)」といえば、ジョージ・ネルソン(George Nelson)やチャールズ&レイ・イームズ(Charles & Ray Eames)など、「ノル(KNOLL)」はエーロ・サーリネン(Eero Saarinen)やルードヴィック・ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)、マルセル・ブロイヤー(Marcel Breuer)などのモダンデザインを代表する名作家具を提供。

 ミラーノルはこれら2つのブランド以外にもデンマーク発「ヘイ(HAY)」や「ムート(MUUTO)」などの約20のブランドを傘下に持つ世界最大のインテリアのコングロマリットで家庭用家具やオフィス用家具、コントラクト用家具などを製造販売する。同社のトップには、アンディ・オーウェン(Andy Owen)前ハーマン ミラー社長兼最高経営責任者が就任する。

 パンデミックにより、eコマースの普及やリモートワークなどが定着し、家具やデザイン業界は変革期にある。ミラーノルは、革新的なデザインと充実したポートフォリオを通して、2社個別では達成できなかったスケールメリットを実現する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら