ファッション

ヴァージル × 「ヴィトラ」が再び ベビーブルーに染まった限定商品を発売

 2019年春のデザインとアートの祭典「アートバーゼル(ART BASEL)」で発表されたヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とスイス発家具「ヴィトラ(VITRA)」のコラボレーションによるインスタレーションとヨーロッパ限定で販売されたコラボアイテムが再登場した。

 12月3〜6日「デザインマイアミ(DESIGN MIAMI)」で「ヴィトラ」とイギリス・ロンドンを拠点とするアブローのデザイン事務所であるアラスカ アラスカ(ALASKA ALASKA)によるインスタレーションが行われ、オンラインストアのベーシック スペース(BASIC.SPACE)でアメリカ版として編集された特別アイテム3点を販売する。19年に販売された“セラミック ブロック”、プロダクトデザイナーのジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)の名作“プチ ポテンス”と“アントニー”がベビーブルーに塗られて登場。12月3日、日本時間23時に発売した。

 アブローは、「私とデザインスタジオの仲間たちは、世界をもっと良いものに変えていきたいと願ってきた。今年、世界中を襲った出来事は、未来における人々の価値観に大きな影響を及ぼすだろう。私たちは今こそ、生きる意味を振り返り、表現するべきだ。世界とは何なのか、それ自体が今、再定義されようとしている」とコメント。
 
 このコラボレーションを祝い3日にベーシック スペースのオンラインで、アブローとノラ・フェルバウム(Nora Fehlbaum)=ヴィトラ最高経営責任者の対談をストリーミングで公開。2人はコラボレーションについて、また、現在起きている社会の変化について語り合い、対談後にはブラジル人DJのペドロ・カヴァリエール(Pedro Cavaliere)にパフォーマンスが行われた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら