ファッション

「ナイキ」がヴァージルとの新作コラボスニーカー発売 96年のアトランタ五輪に着想したゴールドカラー

 「ナイキ(NIKE)」は10月1日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションした新作スニーカー “ナイキ × オフ-ホワイト ラバー ダンク(NIKE X OFF-WHITE RUBBER DUNK)”を発売する。価格は2万1000円で、「ナイキ」公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部店舗で取り扱う。

 地域ごとに展開カラーが異なり、日本では1996年のアトランタ五輪をイメージしたユニバーシティ ゴールドのみの取り扱いとなる。そのほかUS圏はグリーン ストライク、EU圏・中東・アフリカ圏はユニバーシティ ブルーを販売する。

 同スニーカーは、スケートボードシューズ“ダンク ロー”と、2000年代に多くのシリアスランナーが着用した“ペガサス 2006(PEGASUS 2006)”を掛け合わせたモデルだ。隙間を深めにくり抜いて屈曲性を高めたソールの中にエア ユニットを配置するなど、テクニカルなイノベーションを持つ一方で、ラバーのカップソールにはエアを施し、それが外から見えるように仕上げた。

 ヴァージルは「ヒールにエアを配置することは、コラボレーションの初期にも行なっていた。同スニーカーは過去のアイデアを新しい時代に活用しようとするもので、目的を持ち、現代のカルチャーにあった新しいデザインを生み出そうとしている。現代のフットウエアで最高の発明の一つが、『エアをクッション要素として使う』というナイキのアプローチであると言っても過言ではない」と語る。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら