ファッション

「THE TEN」の“ブレーザー”が、ブラックとオレンジにアップデートし登場

 先日の「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」2019年春夏パリ・コレクションでもウエアや舞台装置で協業するなど、密な関係を続ける「ナイキ(NIKE)」とヴァージル・アブローが、新たなコラボスニーカーを10月3日に発売する。

 昨年発表された両者によるスニーカーのリデザインプロジェクト「THE TEN」で登場したバスケットシューズ“ブレーザー(BLAZER)”をアップデートしたもので、前作はホワイトを基調としていたが、今作はブラックとオレンジをベースカラーとした。

 価格は1万3000円で、「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」の他、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)やミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)など一部セレクトショップで取り扱われる。

 なお、ヴァージルと親交のあるヒップホップ・クルー、エイサップ・モブ(A$AP Mob)の創立メンバーで「ヴィーロン(VLONE)」を手掛けるエイサップ・バリ(A$AP Bari)は自身のインスタグラムに、ハイカットの同スニーカーをローカットにカスタマイズしたモデルを投稿。SNSでは「ローカットモデルもいい!」など称賛の声が多数あがっている他、ヴァージル自身も気に入った様子をインスタグラムに投稿しており、公式のローカットモデルの発売に期待が高まっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら