ファッション

「ヴェトモン」が「ヴィーロン」のデザインを盗用? エイサップ・バリが指摘

 デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が手掛ける「ヴェトモン(VETEMENTS)」がパリで発表した2018-19年秋冬コレクションのパンツが、エイサップ・モブ(A$AP MOB)に所属するエイサップ・バリ(A$AP Bari)が手掛けていた「ヴィーロン(VLONE)」のパンツに似ているとバリ自身がインスタグラムで指摘した。

 バリは24時間で投稿した画像、動画が消えるインスタグラムのストーリー機能で、「WOW」の文字と共に「ヴェトモン」の問題のパンツが使用されたルックを投稿。その後立て続けに3枚、「俺は昨年、同様のパンツを発表している」と言わんばかりにルックや実際にバリが着用していた画像を2017年3〜6月の日付入りで投稿した。

 問題のアイテムを比較すると、どちらも迷彩柄のパンツで一見すると確かに似ているものの、「ヴィーロン」はスマイルやジップ、ベルトをあしらっているが、「ヴェトモン」にはそれらはなく、さらにダメージ加工を施している。前々から「ヴェトモン」は盗用とも言える行き過ぎたオマージュ作品を発表しているため、バリが過敏に反応したと思われる。しかし、その後「ヴェトモン」が問題のルックをインスタグラムに投稿。コメント欄には「このパンツ、『ヴィーロン』に似てない?」「Damn」「Ugly」など多数のコメントが寄せられている。

 なお、これに対して「ヴェトモン」はまだ何もコメントしていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。