ファッション

「ナイキ」 × ヴァージルの意匠が凝らされた“ダンク ロー”がついに発売

 「ナイキ(NIKE)」は12月20日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションしたスニーカーの新作“ナイキ × オフ-ホワイト ダンク ロー(NIKE X OFF-WHITE DUNK LOW)”を発売する。価格は1万7000円で、「ナイキ」公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、グレイト(GR8)などの一部店舗で取り扱う。

 スケートボードシューズ“ダンク ロー”をベースに製作された同作は、フライワイヤーケーブルをあしらった二重のシューレースや、アッパーの内側にプリントされたテキスト、付属されたジップタイなど、随所にヴァージルらしい意匠が凝らされているほか、アッパーにレザー素材を使用することで高級感がプラスされている。レッド&グレー、グリーン&ホワイト、ネイビー&イエローの3色展開だ。

 なお、6月にパリで発表された「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」2020年春夏メンズのランウエイでは、グラフィティー・アーティストのフューチュラ(Futura)とのトリプルコラボ“ダンク ロー”が披露されていた。このトリプルコラボモデルは、ヒール部分にフューチュラの“FL”が配され、アウトソールにはクリア素材を使用しヴァージルとフューチュラのサインが大胆にあしらわれ、カラーもネイビー&オレンジとブルー&ホワイトと、今回発売されるモデルとはディテールが大きく異なっていた。一般販売されるかは現時点では明らかとなっておらず、続報が待たれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら