ファッション

「ナイキ」 × ヴァージルの意匠が凝らされた“ダンク ロー”がついに発売

 「ナイキ(NIKE)」は12月20日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションしたスニーカーの新作“ナイキ × オフ-ホワイト ダンク ロー(NIKE X OFF-WHITE DUNK LOW)”を発売する。価格は1万7000円で、「ナイキ」公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、グレイト(GR8)などの一部店舗で取り扱う。

 スケートボードシューズ“ダンク ロー”をベースに製作された同作は、フライワイヤーケーブルをあしらった二重のシューレースや、アッパーの内側にプリントされたテキスト、付属されたジップタイなど、随所にヴァージルらしい意匠が凝らされているほか、アッパーにレザー素材を使用することで高級感がプラスされている。レッド&グレー、グリーン&ホワイト、ネイビー&イエローの3色展開だ。

 なお、6月にパリで発表された「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」2020年春夏メンズのランウエイでは、グラフィティー・アーティストのフューチュラ(Futura)とのトリプルコラボ“ダンク ロー”が披露されていた。このトリプルコラボモデルは、ヒール部分にフューチュラの“FL”が配され、アウトソールにはクリア素材を使用しヴァージルとフューチュラのサインが大胆にあしらわれ、カラーもネイビー&オレンジとブルー&ホワイトと、今回発売されるモデルとはディテールが大きく異なっていた。一般販売されるかは現時点では明らかとなっておらず、続報が待たれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら