ファッション

「ナイキ」 × ヴァージルの意匠が凝らされた“ダンク ロー”がついに発売

 「ナイキ(NIKE)」は12月20日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とコラボレーションしたスニーカーの新作“ナイキ × オフ-ホワイト ダンク ロー(NIKE X OFF-WHITE DUNK LOW)”を発売する。価格は1万7000円で、「ナイキ」公式アプリ「NIKE SNKRS APP」や南青山のナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)のほか、グレイト(GR8)などの一部店舗で取り扱う。

 スケートボードシューズ“ダンク ロー”をベースに製作された同作は、フライワイヤーケーブルをあしらった二重のシューレースや、アッパーの内側にプリントされたテキスト、付属されたジップタイなど、随所にヴァージルらしい意匠が凝らされているほか、アッパーにレザー素材を使用することで高級感がプラスされている。レッド&グレー、グリーン&ホワイト、ネイビー&イエローの3色展開だ。

 なお、6月にパリで発表された「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」2020年春夏メンズのランウエイでは、グラフィティー・アーティストのフューチュラ(Futura)とのトリプルコラボ“ダンク ロー”が披露されていた。このトリプルコラボモデルは、ヒール部分にフューチュラの“FL”が配され、アウトソールにはクリア素材を使用しヴァージルとフューチュラのサインが大胆にあしらわれ、カラーもネイビー&オレンジとブルー&ホワイトと、今回発売されるモデルとはディテールが大きく異なっていた。一般販売されるかは現時点では明らかとなっておらず、続報が待たれる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。