ファッション

ヴァージル・アブローがNIGO(R)との協業を示唆 「ルイ・ヴィトン」でコラボか

 ヴァージル・アブロー (Virgil Abloh)が、自身のインスタグラムで「ヒューマン メイド(HUMAN MADE)」などを手掛けるNIGO(R)との協業を示唆する投稿を見せた。

 その投稿には、東京で撮影されたヴァージルとNIGO(R)の2ショットに「L」の文字とピースサインのキャプションが添えられており、1月にパリで発表される「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2020-21年秋冬メンズ、もしくは2020年プレ・フォール内でコラボアイテムを披露することが予想できる。

 NIGO(R)は2005年にも、当時マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)が率いていた「ルイ・ヴィトン」と協業経験があり、ヴァージルは「Nigo for Louis Vuitton Pt.2」と一般ユーザーが投稿した写真を引用する形でストーリーズを更新していることから、協業することはほぼ間違いないだろう。その他の詳細は現時点では明らかとなっておらず、続報が待たれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら