ファッション

「オーラリー」が「スタイリスト私物」と作るカシミヤの日常着

 「オーラリー(AURALEE)」は、スタイリストの山本康一郎の「スタイリスト私物」とコラボレーションしたカシミヤのアイテムを抽選のみで販売する。応募期間は12月5日10時から12月7日10時までで、「オーラリー」の公式オンラインストアで受け付ける。同ブランドの東京・南青山の直営店では12月4日までコラボレーションアイテムのサンプルを展示しており、試着も可能だ。

 アイテムはカシミヤのウエア5型とネックウォーマー1型、コットンのパンツ1型で、ブラックを基調としたシックなカラーリングが特徴だ。ダブルジップのフーディーやスエット、チェスターコートなどの日常着にカシミヤを用いることで、個々の表情に上質さが加わる。シルエットは「オーラリー」が得意とする適度なボリューム感で、柔らかくきれいな素材感が映える仕上がりだ。価格はチェスターコート9万8000円、チャイナブルゾン7万円、フーディー3万9000円、スエット3万3000円、スエットパンツ3万4000円、コットンのチノパン3万3000円、ネックウォーマー1万9000円。ウエアは3サイズをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら