ファッション

「ノーティカ」が再上陸 スタイリスト長谷川昭雄が監修し「フリークス ストア」で販売

 デイトナ・インターナショナルが運営する「フリークス ストア(FREAK’S STORE)」は、スタイリストの長谷川昭雄をクリエイションディレクターに起用し、アメリカ発のアパレルブランド「ノーティカ(NAUTICA)」を発売する。2008年以降、国内では「ノーティカ」の正規取扱店がなかった。今回、再上陸に際して、長谷川が監修しフリークス ストアが商品デザインを担当する。

 「ノーティカ」は1983年にニューヨークで設立。90年代にはラッパーなどに支持され、ストリートを中心に人気を得た。今シーズンはTシャツ(4000~5400円)、シャツ(8900円)、パンツ(9800~1万1000円)、ブルゾン(1万4800~1万6800円)、ジャケット(1万5800~3万3000円)、ハット(4000~4500円)などをラインアップする。

 8月14日からフリークス ストア全店と公式オンラインストア、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」、「スタイルヴォイス ドットコム(STYLE VOICE.COM)」で販売しており、今後もシーズンごとに新作を発表する。

 また16日まで、「ノーティカ」と、長谷川昭雄の手掛けるブランド「A.H」、鎌倉野菜を生産する「加藤農園」によるトリプルコラボアイテムのウェブ抽選を行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら