ファッション

デイトナがコロナ禍全店休業でも前年並みの売り上げをキープ キーマン3人を直撃

有料会員限定記事

 セレクトショップのフリークス ストアなどを展開するデイトナ・インターナショナルの5月の売上高が、前年同月並みをキープした。緊急事態宣言が敷かれたため、稼ぎどきのゴールデンウイークの月初から中旬にかけて全店舗を臨時休業し、他社セレクトショップや百貨店が6~9割の大幅減収となる中、兼ねて注力していた自社ECの売り上げが大きく貢献。店舗売り上げ分を補填するまでに奏功した。(この記事はWWDジャパン2020年7月6日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1444⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら