ファッション

「ディオール」と「ジョーダン ブランド」のスニーカーに500万人がエントリー

 「ディオール(DIOR)」がナイキ(NIKE)の「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」とコラボしたスニーカー“エア ジョーダン 1 OG ディオール(AIR JORDAN 1 OG DIOR)”に、約500万人からの購入資格申請があったことをピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=クリスチャン ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)社長兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。この人数はアイルランドやニュージーランドの総人口に匹敵する勢いだ。

 ベッカーリCEOによると、生産された1万3000足のスニーカーのうち5000足は、「ディオール」から直接オファーを受けた同ブランドの上顧客に提供されるという。残りの8000足がそのほかの顧客に向けて販売されることになるが、「ディオール」は6月25日に専用サイトを開設し、9時間にわたって購入希望者のエントリーを受け付けた。エントリーは先着順で、ローカットモデルは2000ドル(約21万円)、ハイカットモデルは2200ドル(約24万円)で販売された。

 購入希望者はモデルとサイズ、受け取り希望店舗を選択。エントリーは1足分の購入資格に対して1回のみ可能としていた。なお中国市場では別途、SNSのウィーチャット(微信、WeChat)に設けたプログラムを通じてエントリーが行われた。なお、エントリーおよび予約販売はすでに終了している。

 今年発売されるスニーカーの中で最も注目度の高い「ディオール」と“エア ジョーダン”のコラボレーションは、2019年12月にマイアミで行われた「ディオール」20年プレ・フォール・コレクションのショー内で発表された。発売は当初、今年3月に予定されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより延期となっていた。

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)「ディオール」メンズ アーティスティック ディレクターは“エア ジョーダン”のコレクターとしても知られており、40足以上を保有しているという。またナイキにとっては、今回のコラボレーションが“ラグジュアリー・ストリートウエア”市場参入への足掛かりとなるだろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら