ファッション

来日したキム・ジョーンズが語る 「ディオール」×「ジョーダン」の裏側

有料会員限定記事

 「ディオール」のメンズを率いるキム・ジョーンズ=メンズ アーティスティック ディレクターが、就任からの1年間を記録した写真集「ザ ディオール セッションズ」の刊行を記念したイベントに参加するために来日。イベント当日、昨年12月に発表した「ディオール」と「ジョーダン ブランド」がコラボレーションした“エア ディオール”を着用したキムの足元にも多くの視線が集まった。メゾンとスポーツブランドの歴史的協業の裏側をはじめ、メゾンでの仕事や自身のクリエイションについて聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年3月2日号からの抜粋です)

ジョーダン本人にデザインや
製作過程を見せて
彼が満足するものであることを
確認したんだ

WWDジャパン(以下、WWD):写真集「ザ ディオール セッションズ」は就任1年目を記録している。改めてメゾンでの仕事を振り返ってどんな2年だった?

キム・ジョーンズ=「ディオール」メンズ アーティスティック ディレクター(以下、キム):あっという間だった。写真は1年目のものばかりだから少し前ぐらいのように思われるかもしれないけど、その後にもいろいろな仕事をしてきたから何年も前のようにも感じる。今は10シーズン分のコレクションを終えたからね。

この続きを読むには…
残り1927⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。