ファッション

バウハウスのDNAを受け継ぐ「テクタ」名作家具展を開催

 アクタス(ACTUS)は、2月18日から一部店舗(新宿店、青山店、二子玉川店、京都店、大阪空港店、六甲店、福岡店)で「ディス・イズ・テクタ‐バウハウスの名作家具展(以下、ディス・イズ・テクタ)」を開催する。

 デザイン史の中で一つの分岐点となった芸術学校バウハウス。この思想と理念を継承し、アーカイブだけでなく新たな製品を生み出しているのがドイツの「テクタ(TECTA)」だ。テクタはバウハウス時代の家具を世界で最も多く制作している。創業者のアクセル・ブロホイザー(Axel Bruchhauser)は“バウハウスの最後の目撃者”と呼ばれ、“ワシリーチェア(WASSILY CHAIR)”で知られるマルセル・ブロイヤー(Marcrl Lajos Breuer)や“スタンダードチェア(STANDARD CHAIR)”を手掛けたジャン・プルーヴェ(Jean Prove)などと深い親交があった。同社はプルーヴェの「素材が何を考えているか」という言葉をヒントに、スチールパイプの荷重がかかる部分を平らにし、カンチレバー(片持ち構造)の強度を上げる特許技術を開発。それを用いて、バウハウス時代に製品化できなかったものの図面やスケッチを元に、よみがえらせたり、バウハウスの思想をアレンジした新たなデザイン製品を発表し続けている。ブロホイザー創業者は、バウハウス時代をはじめとするビンテージチェアのコレクターとしても知られている。

 「ディス・イズ・テクタ」展では、バウハウス・コレクションをはじめとする「テクタ」の製品を展示販売するほか、ブロホイザーが収集した貴重なコレクションや資料を公開する。新宿店では、第二次世界大戦時にごくわずかしか生産されなかった木製の“スタンダードチェア”も展示。会期は3月20日まで。

【関連記事】
■「アクメ ファニチャー」関西初出店 古着イベントも開催
■IKEAが家具下取りサービスを全国で開始

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら