ファッション

日本中の倉庫を空っぽに! 第5弾「パスザバトン マーケット」が東京・品川で開催 インテリア家具のゾーンも

 スープストックトーキョー(SOUP STOCK TOKYO以下、スープストック)などを運営するスマイルズは10月9〜10日、東京・品川のコクヨ品川キャンパスで第5弾「パスザバトン マーケット(以下、PTBM)を開催する。PTBMは、衣食住にまつわるさまざまな企業の倉庫に眠っているデッドストックや規格外品などに光を当てるイベント。ビームス(BEAMS)やユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)をはじめとするファッションをはじめ、アクタス(ACTUS)や天童木工などのインテリア、「アダム エ ロペ(ADAM ET ROPE)」などのから雑貨、「スープストック」などの食品のブランドが日本各地から参加する。

 今回は、店舗での展示品や什器、返品などを集めたインテリア家具のゾーンを設置。会場で販売する家具の一部は「PTBM」のホームページで事前に見ることができる。また、“パスザバトンの食料品店”では、賞味期限は近い食品や規格害品、梱包に傷がついた食品などを集めて販売する。

 会期中には、親子で参加できる無料のワークショップ(事前予約制)も行うほか、サステナビリティやものづくりに関するインスタライブ配信なども行う。

 入場料は300円(小学生以下無料)、事前登録が必要。詳細は「PTBM」のホームページに掲載。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら