ファッション

追記:「ビームス」「無印良品」など54ブランドが集結 第4弾「パスザバトン マーケット」が東京・品川で開催

【追記】政府及び各都道府県による緊急事態宣言の発出時期および内容に応じて、「パスザバトン マーケット」の開催内容について変更の可能性がある。最新情報は公式ホームページで確認を。

 スープストック トーキョー(SOUP STOCK TOKYO)などを運営するスマイルズは4月23〜25日、東京・品川のコクヨ品川キャンパスで「パスザバトン マーケット(以下、PTBM)」を開催する。PTBMは2019年に企業やブランド、産地が抱えているデッドストックなどに代表される“もったいない”や“困りごと”に向き合い、それらを紹介する蚤の市としてスタートした。第4弾の今回は、アパレルの「ビームス(BEAMS)」「ユナイテッド アローズ(UNITED ARROWS)」「アーバンリサーチ(URBAN RESEACH)」などをはじめ、生活雑貨の「無印良品(MUJI)」など、業界問わず日本全国から54ブランドが参加し、訳ありなどの理由で販売できなかったモノを販売する。

 会場内には、「スープストックトーキョー」やマグロの尾の身を使用した食品「マグロのイタダキ(MAGURO NO ITADAKI」、明太子でおなじみの「ふくや(FUKUYA)」などのフードトラックでスペシャルメニューを提供するほか、食品物販のコーナーがある。また、子どもが遊べるキッズスペースや屋外スペースもあるので、家族全員で楽しめるようになっている。

 「無印良品」では、不要になった同ブランドのユニットシェルフパーツの回収・再販売や、デニムブランド「イトナミ(ITONAMI)」による必要なくなったデニム回収、「アーバンリサーチ」による衣料品の染め替えプロジェクトなども開催し、単なる“売り買い”の場ではなく来場者が参加し、再利用を促す場を設ける。会期中には、YOU TUBE LIVEで“サステイナブルな暮らし”“サーキュラーエコノミー” “食とファッションと暮らし”などのウェビナーを行うほか、会場では、出展者のインタビューをラジオで放送する。

 入場料金は300円、小学生以下無料で、新型コロナ感染対策のため「パスザバトン」公式サイトから事前登録が必要だ。混雑が予想される一部会場には、整理券を配布する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら