ファッション

BLACKPINKのROSEが「ティファニー」のグローバルアンバサダーに キャンペーンも公開

 「ティファニー(TIFFANY & CO)」は、ガールズグループBLACKPINKのROSE(ロゼ)のグローバルアンバサダー就任を発表した。ROSEは4月23日に同ブランドの公式サイトや各SNSで公開される“ティファニー ハードウェア(TIFFANY HARDWEAR)”のキャンペーンに登場予定だ。

 ROSEはアンバサダー就任に際して「私は『ティファニー』のジュエリーを長く愛用しています。私の人生の一部であり、アイコンでもあるブランドの一員になれたことは、私にとって非常に特別なことです。このキャンペーンに参加できることをとてもうれしく光栄に思います。多くの方に見ていただけるのを楽しみにしています」とコメントした。

 “ティファニー ハードウェア”は、1971年のアーカイブネックレスから着想を得て、ニューヨークの精神や文化、エネルギーを表現したコレクションとして2017年にデビュー。「ティファニー」は起用の理由について「大胆でモダンなスタイルを発信するROSEを、同コレクションのアイデンティティーを体現する人物」としている。今回のキャンペーンでROSEは、イエローゴールドとローズゴールドの地金にパヴェダイヤモンドがセットされたリンクデザインのジュエリーを着用している。

 ROSEはファッションにおいては「サンローラン(SAINT LAURENT)」のアンバサダーを務めており、ほかにもBLACKPINKのLISAは「セリーヌ(CELINE)」と「M・A・C」、JENNIEは「シャネル(CHANEL)」、JISOOは「ディオール(DIOR)」のアンバサダーを務めている。

 「ティファニー」は1837年に創業。2021年にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が買収し、現在はアンソニー・ルドリュ(Anthony Ledru)最高経営責任者(CEO)のもと、アレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)がプロダクトおよびコミュニケーション部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら