ファッション

BLACKPINKのJISOOが「ディオール」のアンバサダーに就任 8日発表の新コレクションは彼女が着想源

 「ディオール(DIOR)」は3月6日、BLACKPINKのJISOO(ジス)をファッション&ビューティのグローバルアンバサダーに就任したことを発表した。マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)はJISOOを2021-22秋冬コレクションのキーインスピレーションにしたという。同コレクションは8日22時30分(日本時間)に発表予定だ。

 JISOOは21-22秋冬コレクションについて「服をまとったときに根底から湧き上がるような自信を感じた。私は外見は落ち着いているように見えるかもしれないが、アーティストとして、ステージではパワフルでいるように努めている」とコメント。

 「ディオール」はJISOOについて「彼女の大胆さはブランドのモダンさと、グラツィア・キウリの情熱的なクリエイティビティーを表現している」とし、さらにピーター・フィリップス(Peter Philips)=メイクアップ クリエイティブ&イメージ・ディレクターによる「自信を与えるメイクアップを具現化する存在」と称した。

 「ディオール」は以前からJISOOをイベントやオンライン開催のショーに招待するなどで関係を築いていた。データテクノロジー企業、ローンチメトリックス(LAUNCHMETRICS)によれば21春夏のパリ・ファッション・ウイーク中に「ディオール」が投稿したJISOOの画像は61万4000ドル(約6385万円)ものMIV(Media Impact Value)を記録した。これは20年秋冬ショーでブランドの最も反響の大きかった投稿と比べて2倍以上となる数値だ。

 YGエンターテインメントに所属するBLACKPINKは、JISOOの就任によって4人のメンバー全員が何らかのブランドのアンバサダーを務めることになった。LISAは「セリーヌ(CELINE)」、JENNIEは「シャネル(CHANEL)」、ROSEは「サンローラン(SAINT LAURENT)」のアンバサダーを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら