ファッション

モデルの重川茉弥の初プロデュースブランド「ミリロア」 ローンチコレクションが2時間で完売

 インスタグラムで90万人近いフォロワー数を持ち、モデルとして活躍する重川茉弥が初めてプロデュースしたアパレルブランド「ミリロア(MILILOA)」。ローンチコレクションを3月6日に限定発売し、2時間弱で完売し話題となっている。

 ローンチコレクションは、胸に大きなロゴをあしらった、ホワイトとブラックの2色展開のパーカ(各6900円、現在は完売)。細部まで本人がプロデュースし、日常で使いやすいシンプルなデザインに仕上げた。太めに作った袖周りや大きめのフード部分など、全体的にゆったりと着ることができるシルエットが特徴。男女問わないユニセックスのデザインのため、カップルや夫婦でもおそろいで着用できる。

 販売前のインスタグラムの初回投稿では14.6万いいねの反響があり期待感を示した。発売直後はアクセス過多によりサイトが一時つながらない状況になったという。

 重川茉弥は、雑誌や広告などで人気の女子高校生モデルで、ガールズユニット“やじるーと”での活動も主に若い世代から高い支持を得ている。2019年に配信番組で共演した前田俊(現在はモデルやユーチューバーとして活躍)と16歳のときに結婚・出産して話題を呼んだ。現在はカップルで“しゅんまや”としても活躍中。

 ブランド名の「ミリロア」とは、2人が出会ったハワイの言葉で、“ミリミリ(MiliMili)=お気に入り・最愛”と“マウロア(Mau Loa)=永遠に・ずっと”を掛け合わせた造語。「永遠にずっと愛してもらえるように」という思いを込めたという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら