ビューティ

「男性の身だしなみをアップデートする」 ユーチューバー、宮永えいとがオリジナル化粧品を開発

 メンズの身だしなみ情報を扱うユーチューバーの宮永えいとが、自身のブランド「レタッチ(RETOUCH)」を始動させた。“大人男子の身だしなみをアップデートする”をコンセプトに、男性に清潔感をもたらすアイテムを提案する。第1弾として、BBクリーム(3000円)とリップクリーム(2800円)を公式サイトで発売中だ。

 BBクリームは、色ムラが出にくく初心者でも扱いやすい柔らかな質感を採用した。顔なじみの良いベージュ系のニュアンスカラーをベースに、クマや青ヒゲをカバーするためオレンジの色素も加えている。リップクリームは、サメの肝臓から採れるスクワランオイルやアルガンの種子から抽出されるアルガンオイルを配合。艶が出すぎず自然な塗り心地で唇を保湿する。パッケージは「仕事道具やガジェットなど、男性にとっての“相棒”になってほしい」との期待を込めて、無機質なデザインに仕上げた。

 宮永は、「男性は鏡を見る機会が少なく、自分への関心を失いがち。(肌や髪など)自分の状態を知るきっかけをつくり、清潔感と自信を取り戻す手助けとなるブランドにしたい」と意気込みを語った。

 宮永は1990年生まれ、東京都出身。都内の有名ヘアサロンで店長を務めた後、2018年に独立し、フリーランス美容師としてサロンワークを始める。18年末にはユーチューブチャンネルを開設し、“大人男子ラボ”としてスキンケアやメイク、ヘアなどの情報発信を開始。開設から2年弱でチャンネル登録者数12万を誇る。昨年12月には初の書籍「大人男子の『超』清潔感ハック」を発売した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら