ビューティ

最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の劇中カットを使用 「シック」と「エヴァ」のコラボ第2弾が登場

 シック・ジャパン(SCHICK JAPAN)が展開するシェービングブランド「シック(SCHICK)」は、2021年1月23日の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開を記念して、特別コラボレーションを実施する。

 今回のコラボは、20年5月に実施した「エヴァ×シック 2020」第1弾に続くもの。第1弾で好評を博したカミソリのコラボモデルに加え、映画の公開に先駆けて最新作のカットを使用したオリジナルスティックポスターやオリジナル缶マグネットがセットになった「限定セット」を12月18日に数量限定で発売した。

 同時に、綾波レイ、式波・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアスのオリジナルデザイン限定バスタオル3枚セットが、抽選で300人に当たるキャンペーンも実施する(同キャンペーンは予告なく終了する場合あり)。

 「シック」は13年から人気アニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボを開始。過去4回にわたってさまざまなコラボを行ってきた。中でも機体のカラーリングを模したコラボモデルはいずれも好評を博し、日本のみならず台湾や香港でも販売している。

 今回のコラボについて、「シック」担当者は「13年以来のご縁で『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開記念もコラボができることをうれしく思っている。『特別限定セット』のオリジナルスティックポスターやオリジナル缶マグネットには、新作のカットを使用した。オリジナルスティックポスターは風呂場でも使用が可能なポリプロピレン製となっている。また、抽選で当たるバスタオルは120cm×60cmと大判で、等身大に近いサイズに仕上げ、デザインも細部にまでこだわった自信作。3枚セットなので、当選するとレイ・アスカ・マリの3人分が一度に手に入ることもポイント。せっかく完結編が公開するタイミングなので、手に取っていただいた方にとってうれしいものになれば、と思っている」と話す。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら