ビューティ

「シック」が5月10日「VIOケアの日」にイベントを開催 VIOのヘアデザインを自分で選ぶ楽しみを提案

シック・ジャパンが展開するシェービングブランド「シック(SCHICK)」は5月10日、「VIOケアの日」を記念したイベント「自分で選んだからこそ楽しめる - 5月10日はVIOケアの日- 」を開催した。同記念日は「5」をギリシャ数字の「V」、「10」を「IO」と見立て、「シック」が2021年に制定したもの。

イベントではシェーバーを使ったVIOケア講座のほか、中根菜穂子ランジェリースタイリストによるトークセッションを実施。フロントに透け感のあるショーツに、ハート型のデリケートゾーンのヘアデザインを取り入れるなど、新たなコーディネートについて提案した。「シック」が22年から体毛を“ムダ毛”と表現することをやめ、どんなボディーヘアも自分が気に入っていれば美しいと考える「#BodyHairPositive(ボディーヘアポジティブ)」を発信していることにも触れ、中根スタイリストは「私たちがメディアで目にする下着姿の女性は女優やアイドルの方が多く、自分と比較してしまい潜在的な悩みを抱えている。“いいランジェリー”も一人一人に正解がある。人から見えないランジェリーやボディーヘアは自分が本当に好きなものを試してほしい」と共感のメッセージを伝えた。

また、国内VIOケア用シェーバーでトップの市場シェアを占める“ハイドロシルク V.I.O ダブルシェーバー”(1964円※編集部調べ)から、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)が率いる「ニコライ・バーグマン・フラワーズ&デザイン」とコラボレーションした限定デザインを5月19日に発売する。体毛ケアの意識が高まる夏の時期に合わせ、自分らしいVIOケアを華やかな気持ちで楽しんでもらいたいという思いを込めたデザインに仕上げた。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。