ビューティ

“田中みな実売れ”したコスメは? 完売したミストからクリームまで

 エンタメ業界のみならずファッションやビューティなど幅広い分野から引っ張りだこの田中みな実。ビューティ業界でも、今年は田中みな実がオススメする製品がバズを起こしたり、完売をするなどトレンドセッターとして注目された。ここでは、そんな“田中みな実売れ”した製品を紹介する。

「クレ・ド ・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」
“ル・セラム(医薬部外品)”

 洗顔後に塗るブースター美容液で瞬時に肌になじみ、滑かでふっくらやわらかな肌へ導く。田中みな実がスッピン写真とともに同美容液についてSNSで語っており、ヒットする要因に。

「エリクシール(ELIXIR)」
“エリクシール シュペリエル つや玉ミスト”

 アットコスメ上半期ベストコスメ大賞3位にもランクインしたミスト。きめ細かいミストがメイクの上からも素肌に届き、潤いを与えて“ツヤ玉”を演出。インスタライブで紹介し売り切れが続出した。

「シャネル(CHANEL)」
“ボーム エサンシエル”

 肌に濡れたような艶を与えるスティック型のハイライト。美容各誌のベスコスも受賞した製品で、田中みな実が出演するアマゾンの番組「ビューティザバイブル」でも紹介し話題に。

「カネボウ(KANEBO)」
“フレッシュ デイ クリーム”

 滑かになじみ、フレッシュな香りで目覚めるような朝時間クリーム。日中の紫外線や乾いた空気など外的刺激による乾燥ダメージから守り、肌にみずみずしいうるおいとしなやかなハリを与える。田中みな実愛用クリームとして人気に。

「スック(SUQQU)」
“オイル リッチ グロウ ルース パウダー”

 パウダーながら美しい艶感をキープするアイテム。発売(2017年9月)からしばらくたっているにも関わらず、生産が追いつかないほどの人気に。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら