ビューティ

“田中みな実売れ”したコスメは? 完売したミストからクリームまで

 エンタメ業界のみならずファッションやビューティなど幅広い分野から引っ張りだこの田中みな実。ビューティ業界でも、今年は田中みな実がオススメする製品がバズを起こしたり、完売をするなどトレンドセッターとして注目された。ここでは、そんな“田中みな実売れ”した製品を紹介する。

「クレ・ド ・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」
“ル・セラム(医薬部外品)”

 洗顔後に塗るブースター美容液で瞬時に肌になじみ、滑かでふっくらやわらかな肌へ導く。田中みな実がスッピン写真とともに同美容液についてSNSで語っており、ヒットする要因に。

「エリクシール(ELIXIR)」
“エリクシール シュペリエル つや玉ミスト”

 アットコスメ上半期ベストコスメ大賞3位にもランクインしたミスト。きめ細かいミストがメイクの上からも素肌に届き、潤いを与えて“ツヤ玉”を演出。インスタライブで紹介し売り切れが続出した。

「シャネル(CHANEL)」
“ボーム エサンシエル”

 肌に濡れたような艶を与えるスティック型のハイライト。美容各誌のベスコスも受賞した製品で、田中みな実が出演するアマゾンの番組「ビューティザバイブル」でも紹介し話題に。

「カネボウ(KANEBO)」
“フレッシュ デイ クリーム”

 滑かになじみ、フレッシュな香りで目覚めるような朝時間クリーム。日中の紫外線や乾いた空気など外的刺激による乾燥ダメージから守り、肌にみずみずしいうるおいとしなやかなハリを与える。田中みな実愛用クリームとして人気に。

「スック(SUQQU)」
“オイル リッチ グロウ ルース パウダー”

 パウダーながら美しい艶感をキープするアイテム。発売(2017年9月)からしばらくたっているにも関わらず、生産が追いつかないほどの人気に。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら