ビューティ

「WWDビューティ ベストコスメ2020」美容機器&ツール・総合部門

 「WWDビューティ ベストコスメ2020」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで今年もっとも売れた製品を発表。美容機器&ツール・総合の、百貨店・セミセルフ部門の結果は、昨今のステイホームにおけるホームケアが注目されていることを思わせる結果に。1位の「リファ(REFA)」“リファモーションカラット”には「定番の型で全身に使用できる汎用性の高さが人気」の声が聞かれた。2位は「アヴェダ(AVEDA)」の“パドル ブラシ”、3位は「エスト(EST)」の話題作“バイオミメシス ヴェール”がランクインした。バラエティー・ドラッグストア部門はユニークなアイテムが目を引いた。1位に「アイプチ(R)(EYEPUTTI)」の“ひとえ・奥ぶたえ用カーラー”は、「ひとえや奥ぶたえの悩みを解消してくれる、ありそうでなかったカーラー」と斬新なアイデアでヒット。新見千晶ヘアメイクアップアーティストがプロデュースする「シュガーシービューティー(SUGAR.C BEAUTY)」の“クウォーツ フェイシャル ローラー”と、「リファ」の“リファカラット”が同率2位だった。

百貨店・セミセルフ部門

1位 “リファモーションカラット”

「リファ」

 “リファ プロ”と“リファ カラット”を発表してから約10年、美容機器メーカーのパイオニアはお客の声に応えて進化し続ける。1位に輝いた“リファモーションカラット”は体のどのパーツにもしっかりフィットしながらつまみ出し、より肌に優しい設計を実現。その秘密は独自に開発されたモーションローリングによるディープドレナージュ作用で、深く、広く、優しくアプローチすることを可能にした。プラチナムコートと防水構造を施し、時間や場所を選ぶことなく、フェイスからボディーまでケアできる。緩やかに可動するローラーが肌のあらゆるパーツの起状にフィットして捉えながらしなやかで美しく整える。(2万8500円)

2位 “パドル ブラシ”

「アヴェダ」

 どんな髪質でも使えるように考慮された、木製のヘアブラシが2位を獲得。長さ251mm×ブラシ幅86mmの広い面と優れたクッション性を備えているのが特徴。細部にわたるケアしやすい配慮で03年9月の発売以来、多くの支持を得ている。ブローやスタイリング時の髪や頭皮を優しくケアし、ダメージを緩和。さらに、ヘッドマッサージ用としても活躍するため、撮影現場で愛用するヘアメイクアップアーティストやモデルなど、美容のプロフェッショナルからの支持も高い。(3000円)

3位 “バイオミメシス ヴェール”

「エスト」

 センセーショナルに誕生した「花王」の“エスト バイオミメシス ヴェール”が3位にランクインした。最新の技術と研究の粋を集め、独自に開発した一本の糸。それを“バイオミメシス ディフューザー”から吹き付けて肌を透明のベールで包み込む。翌朝まで湿潤環境を維持しながら整え続けるというものだ。最初に専用美容液の“ヴェールエフェクター”を塗布した後、ディフューザーに“ヴェールポーション”をセットして肌に噴射する。叡智を結集した最先端のフェイスマスク。(バイオミメシス ヴェール ディフューザー 5万円 同ヴェールエフェクター 40g、1万2000円、同ヴェールポーション 9mL、8000円)

3位 “ヘアビューロン 4D Plus[ストレート]”

「バイオプログラミング(BIOPROGRAMMING)」

3位 “リファビューテック ドライヤー”

「リファ」


バラエティー&ドラッグストア部門

1位 “ひとえ・奥ぶたえ用カーラー”

「アイプチ(R)」

 日本人の眼球サイズとまぶたの厚みに着目した、“ひとえ・奥ぶたえ用カーラー”が首位を獲得。アイデアの斬新さだけでなく細部に至るまでこだわりの詰まった製品で、独自のカーブと山型に盛り上がったプレートを採用。まつげを残すことなく根本からキャッチして立ち上げる。まぶたを押し上げることで、隠れたまつげの生え際の引き出しやすさも考慮した設計だ。さらにまつげの負担を軽減しながらも簡単に、思い通りの仕上がりを可能にした。替えゴム2個付き。(1500円)

2位 “クウォーツ フェイシャル ローラー”

「シュガーシービューティー」

 大小、異なる大きさの天然石が血行を促しながら、すっきりとした表情に整える美顔ローラー“クウォーツ フェイシャル ローラー”が2位。メークアップアーティストがプロデュース。わずかな時間で肌のコンディションがアップし、フレッシュな印象へと導く。使い方は簡単で、メイク前に、またお風呂上がりに3分ほどころころと転がしてケアするだけ。ローラーに用いられているパワーストーンの天然石は全4種、直感で選ぶことを推奨。長さ140mm×幅大43mm×幅小24mm。(全4種、各3800円)

2位 “リファカラット”

「リファ」

 12年のデビュー以来、多くの支持を得続ける“リファカラット”が3位。360度マルチアングル構造の採用がエステティシャンのニーディング手技を再現。深くつまみ流す、複合的な動きは、搭載されているダブルドレナージュローラーとアークハンドルが可能にした。これらが血流やリンパに働きかけながら全身を美しく整える。マイクロカレントを発生する機能も備え、肌にハリと艶をもたらす。バスタブでもケアできる防水仕様で頼もしい一台。(2万3800円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら