ビューティ

「ボビイ ブラウン」がグローバル アーティスティック ディレクターを新設、ハンナ・マレーが就任 

 メイクアップブランド「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」は、ブランド初となるグローバル アーティスティック ディレクターを設け、世界的に活躍するメイクアップアーティストのハンナ・マレー(Hannah Murray)を起用すると発表した。キャンペーンルックのディレクションのほか、今後のプロダクトイノベーションと、高機能を重視した製品開発、世界85カ国で3500人を超えるメイクアップアーティストの育成にも携わる。

 英国出身のマレー=グローバル アーティスティック ディレクターは、元バレエダンサーという異色の経歴を持つ。各国の「ヴォーグ(VOGUE)」をはじめとするファッション誌で活躍するほか、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などとコラボ。ファッションウイークでは「ジョン・ガリアーノ(JOHN GALLIANO)」や「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」などのバックステージでリードを務めた。「ボビイ ブラウン」のブランドキャンペーンにも携わった経験があり、2010年には「トップショップ(TOPSHOP)」のコスメラインの製品開発を担当した。

 サンドラ・メイン(Sandra Main)=ボビイ ブラウン グローバル プレジデントは、「ハンナ・マレーの美に対するフィロソフィーは『ボビイ ブラウン』が常に提唱してきたものと合致している。『ボビイ ブラウン』の新しい時代の到来とともに彼女を迎えられることに大きな喜びを感じている」と語った。マレー=グローバル アーティスティック ディレクターが手掛ける最初のキャンペーンルックは7月から展開する。

 1991年創設の同ブランドは95年にエスティ ローダー(ESTEE LAUDER)グループ傘下入り。ブランドを立ち上げたメイクアップアーティストのボビイ・ブラウンは、2016年にブランドを離れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら