ファッション

エスティ ローダー グループが乳がん啓発キャンペーン 今年は“手のひらのピンクリボン”がキーワード

 エスティ ローダー グループ(ESTEE LAUDER GROUP)は、10月に毎年行っている乳がんキャンペーンを実施する。28年目の今年は、“一本のリボンが結ぶ、リボンを超えた絆。”をテーマに、SNSを活用した参加型デジタルコンテンツ「Pink Ribbon in Your Hand」を展開する。今年は、毎年恒例のライトアップを実施せずに、デジタル上でキャンペーンを盛り上げる。

 参加方法は、特設サイトから手のひらをスマートフォンで撮影し、AIによって手のひらに浮かび上がるピンクリボンの画像とともに、「#乳がんのない世界へ」と「#TimeToEndBreastCancer」のハッシュタグをつけてSNSでシェアすると、一定金額が米国乳がん研究基金(BCRF)やJBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)などに寄付され、医療研究に役立てられる。

 また、同グループの社員がメッセージを発信する特別動画の公開や、限定でコラボしたLINEスタンプの販売、「ラボ シリーズ(LAB SERIES)」「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」「アヴェダ(AVEDA)」「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」「クリニーク(CLINIQUE)」「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」「トム フォード ビューティ(TOM FORD BEAUTY)」で販売する支援製品の収益金による寄付活動を通じて、医療研究をサポートする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら