ビューティ

メンズに人気の香水「アクア ディ パルマ」が六本木ヒルズでポップアップ開催 メゾン初の刻印サービスも

 

 ファッション雑貨や香水の輸入・販売を行う川辺は、イタリアのフレグランスメゾン「アクア ディ パルマ(ACQUA DI PARMA)」のポップアップストアを東京・六本木ヒルズのヒルサイド2階、ヒルズ ボックスで10月18日まで開いている。

 約36㎡のストア内にはシグニチャーアイテムの「ブルー メディテラネオ」シリーズから同メゾンが初めてファッションブランドとコラボレーションした「ブルー メディテラネオ バイ ラ・ダブル・ジェイ コレクション」、サステナビリティの取り組みへの意思表示として生まれた自然由来原料99%使用の新作香水「コロニア フトゥーラ」、ホームフレグランスやキャンドルをとりそろえる。ストア内には水栓コーナーを設け女性客に人気のボディースクラブなどを試せるほか、イタリアから取り寄せた刻印機を導入し2万円以上購入するとパッケージにイニシャルなどを刻印するサービスを提供する。

 「アクア ディ パルマ」は1916年創業の老舗フレグランスメゾンで、現在はLVMHグループ傘下。日本には2017年に上陸し、伊勢丹新宿本店メンズ館や阪急メンズ東京など百貨店メンズコスメコーナーを中心に売り場を構える。グルーミングスキンケアやヘアケアアイテムも展開し、感度の高い男性客からの支持を得て売り上げは好調に推移している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら