ビューティ

「ロクシタン」の6〜8月は売り上げ拡大 コロナストレスによる癒やしニーズに対応

有料会員限定記事

 南仏プロヴァンスから着想を得て、植物由来の原料を用いたコスメブランド「ロクシタン(L'OCCITANE)」。緊急事態宣言中、124店舗(2020年9月1日時点)のリアル店舗のほぼ大半を閉鎖せざるを得ない状況下でECが伸長したものの売り上げは減少。自粛明けの6〜8月の売り上げは、ECが前年同期間に比べ大きく伸長し全体で前年をクリアした。「トラフィックの減少で実店舗は売り上げとしては落としたが、客単価は伸びている。クローズ中、来店を待ちわびていてくれた人が大勢いたことに驚き、顧客に支えられていると実感した。コロナの影響はあまり感じていない」と木島潤子マーケティング本部本部長は笑顔だ。この状況下で売り上げを伸ばしている要因とは−−。

この続きを読むには…
残り1339⽂字, 画像7枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら