ビューティ

「ロクシタン」の6〜8月は売り上げ拡大 コロナストレスによる癒やしニーズに対応

有料会員限定記事

 南仏プロヴァンスから着想を得て、植物由来の原料を用いたコスメブランド「ロクシタン(L'OCCITANE)」。緊急事態宣言中、124店舗(2020年9月1日時点)のリアル店舗のほぼ大半を閉鎖せざるを得ない状況下でECが伸長したものの売り上げは減少。自粛明けの6〜8月の売り上げは、ECが前年同期間に比べ大きく伸長し全体で前年をクリアした。「トラフィックの減少で実店舗は売り上げとしては落としたが、客単価は伸びている。クローズ中、来店を待ちわびていてくれた人が大勢いたことに驚き、顧客に支えられていると実感した。コロナの影響はあまり感じていない」と木島潤子マーケティング本部本部長は笑顔だ。この状況下で売り上げを伸ばしている要因とは−−。

この続きを読むには…
残り1339⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら