ビューティ

「クリスチャン ルブタン」から新フレグランスコレクションが登場 4人の調香師が監修

 「クリスチャン ルブタン ビューティー(CHRISTIAN LOUBOUTIN BEAUTY)」は11月11日、新作フレグランスコレクション「ルビワールド」を発売する。11月4日からは、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店店、ブランド公式オンラインストアで先行販売する。
 
 同コレクションは、ニコラ・ボーリュー(Nicolas Beaulieu)、マリー・サラマーニュ(Marie Salamagne)、クリストフ・レイノー(Christophe Raynaud)、ダフネ・ブジェ(Daphnee Bugey )の4人の調香師が監修した7つのフレグランスをラインアップする。

 ニコラ・ボーリューの監修した「ルビファンク」は、ターキッシュ・ローズのフローラルな香りにブラックカラントの甘酸っぱさやパチュリのエキゾチックさを加えたフローラルローズの香りが特徴だ。マリー・サラマーニュが手掛けた「ルビルージュ」はフレッシュでスパイシーなカルダモンや、パウダリーなアイリスやバニラを加えたオリエンタルスパイシーな香り。アーシーなパチュリにシダーウッドやトンカビーンズを織り交ぜたウッディオリエンタルの「ルビクラウン」は、クリストフ・レイノーが調香した。

 ダフネ・ブジェは、4 つの香りを調香。甘くみずみずしいストロベリー、優雅で華やかなローズブーケ、ウッディーなシダーウッドを織り交ぜたフローラルフルーティーの「ルビドゥー」、ジャスミンやチュベローズ、ムスクを配合した甘く官能的なフローラルウッディーの「ルビキス」。さらに、スエードレザー、ピンクペッパー 、シダーウッドのスモーキーなレザーウッディーな「ルビラージ」、スパイシーなミルラにスモーキーなシプリオルとサンダルウッドのエキゾチックな香りに際立つ甘さを表現したスパイシーオリエンタルの「ルビクロック」を手掛けた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら