ビューティ

「メゾン フランシス クルジャン」からメンズに向けローズの香りが登場 “女性らしい”バラの香りの概念を覆す

 「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」は9月16日、新作メンズフレグランス“ロム ア ラ ローズ オードパルファム”(70mL、2万8700円)を発売する。メゾンを代表する香りの一つであり、バラの花をイメージした既存のウィメンズの香り“ア ラ ローズ”シリーズのメンズ版だ。

 今回の新作発表会は、アジアのエディターや関係者を集めてZoomで行い、フランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)=クリエイティブ・ディレクダーが製品に込めた思いなどを語った。「バラは何千年も前からよく人類の生活に存在してきた植物であり、香水業界では花の女王と呼ばれているほど。かつてはメンズフレグランスにもよく使われていたが、19世紀あたりからさまざまな社会的規範によりバラは“女性らしさ”を象徴する香りになり、現代にまで続いてしまった」。

 そんな“女性らしい”バラの香りの既成概念を覆すべく、クルジャン・ディレクターはマスキュリンなローズの香りを作ることを決意。「バラはとても濃い香りでもあるので、深みを足すにはレザーやウード、シダーウッドをブレンドすることが多い。しかし、これらのような濃厚な香料を合わせると、“ローズ”らしさが打ち消されてしまうことがほとんど。だから“ローズ”らしさを残しつつ、マスキュリンでかつフレッシュな香りに仕上げるのは、これまでで最もチャレンジングなことだったかもしれない」と振り返る。

 何度も調合を繰り返しては一から作り直し、ローンチを後ろ倒さなけれなばならないほど、納得のいく香りが完成するまで苦戦したという。最終的にたどり着いたブレンドは、仏グラース産のセンチフォリアローズアブソリュートにグレープフルーツアコード、アンバリーウッドアコード、シスタスオイル、ブルガリア産ダマセナローズオイル、そしてセージオイルを合わせたもの。「処方の鍵となるのは、ローズのフローラルなノートと、アンバリーウッドの深みをつなげたクラリセージ」と説明する。

 ボトルにもこだわり、ラベルの裏とボックスには一輪のグリーンのローズを描いた。「ピンクではなく、グリーンのローズがポイント。バラの葉の裏側のグリーンをイメージした。表側よりも少し土臭いような、深みのある緑なんだ」。また、“ロム(L’homme)”の文字はフランシス本人が手書きし、同じ緑に染めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。