ファッション

「ロエベ」が初のホームフレグランス 植物の香りのキャンドルやディフューザーが登場

 「ロエベ(LOEWE)」は9月3日、初のホームセンス・コレクションを発売する。クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が自身のガーデニングへの情熱と植物のユニークな香りを、調香師のヌリア・クルエレス(Nuria Cruelles)と共に具現化した。

 商品はキャンドル、ホームフレグランス、ラタンディフューザーの3タイプ。キャンドルとホームフレグランスは、ハニーサックル、ビートルート、ジュニパーベリー、トマトリーフ、コリアンダー、リコリス、ラシャス・ペア、オレガノ、サイプレスボール、アイビーの10種類の香りを用意。ディフューザーはアイビー、トマトリーフ、リコリスの3つの香りから選ぶことができる。

 キャンドルとディフューザーの容器は、アンダーソンが数年前にオークションで購入した紀元前5世紀のギリシャの器から着想した。ラインの入ったポットに“LOEWE”のブランドロゴとスペイン製であることを示す文字が刻まれる。

 パッケージにもこだわりが詰まっている。写真は自然界の美しさを捉えるエルワン・フロティン(Erwan Frotin)が撮影。写真製版印刷の先駆者で、明治から大正時代に活動した写真家の小川一眞の作品を再解釈して、植物の写真に鮮やかなカラーをのせている。

 アンダーソンは「私が『ロエベ』に加わったときから、すでにキャンドルや香りを伴った商品を作ろうと考えていました。香りのセレクションは個人的な痕跡。それらは嗅覚のスケッチであり、子ども時代、私がたどったさまざまな旅路を思い起こさせます。ビクトリアン・ガーデンや薬局の香りの一部、そういった科学的なものとセンチメンタルの香りのミックスです」とコメントしている。

 価格はキャンドルのレギュラーサイズが9500円、ミドルサイズが2万円、ラージサイズが4万2000円。ホームフレグランス(150mL)は1万800円、ディフューザー(245mL)は2万7000円。「ロエベ」の一部店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら