ファッション

ユニクロの8月度売上高は29.8%増 ニューノーマルの好不調企業が定着?

 専門店チェーン、セレクトショップの2020年8月度売上高(既存店ベース)は、7月に続いて明暗がくっきり別れた。夏物ニーズをがっちりつかんだユニクロは、店舗とECの合計売上高が前年同月比29.8%増という大幅な伸び。一方で、ユナイテッドアローズの店舗とECの合計売上高は同14.7%減、アダストリアの売上高は同12.7%減だった。消費がなかなか回復しない中で、企業の好不調が定着してきた印象もある。外出減が続く中でも、好調企業はしっかり客数を伸ばしている。

 ユニクロは昨年8月も一昨年同月比9.9%増と好調だったが、そこからさらに30%近く伸長。「夏のコア商品と『UT』で仕掛けたコラボアイテムの2軸で売り上げを伸ばした」と広報担当者。夏のコア商品とは“エアリズム”や、在宅需要にも適した“ウルトラストレッチアクティブパンツ”“スカートパンツ”など。『UT』は米津玄師や人気漫画「鬼滅の刃」とのコラボ商品が売れた。客数は同26.1%増だった。

 ワークマンも同10.9%増と好調だったが、20%増以上が続いてきたこの間に比べるとやや抑えめ。ただし、昨年8月は猛暑の影響で一昨年同月比54.7%増だったうえでの数字だ。気温の高さを受けて、今年も空調ファン付きウエアや冷感素材のアイテムなどが売れた。客数は同15.5%増。

 「無印良品」も直営店、卸、ECの合計売上高は10.5%増と2ケタ増。特にレトルトカレーがけん引する食品カテゴリーは同65.9%増という伸びだった。客数も同18.4%増となっており、来店頻度増が狙える食品がフックとなり、集客につながっている。また、掃除用具、キッチン用品などが好調な生活雑貨も同23.3%増。一方で衣服・雑貨は同9.4%減だった。

 「ファッションセンターしまむら」の売上高は同4.5%減(7月21日~8月20日)と、6月の休業明け以来の昇り調子にややブレーキがかかった。客数も同4.7%減。水着や浴衣、お出かけ着の売り上げ減が要因。機能性素材の肌着や寝具などは好調だった。

 アダストリアの売上高は同12.7%減で、は、客数(同14.2%減)とほぼ比例している。「休業していた期間中の春夏物の在庫は既にきれいになっているので、値引きなどの施策で無理に売り上げを作るという考え方はない」と広報担当者。

 ユナイテッドアローズ(UA)は店舗とECの合計売上高が同14.7%減。客数は3.8%減ながら、引き続き春夏物のセールが中心だったため客単価が下がった。ただし、「昨年は消費増税前の駆け込み需要で8月から高額ダウンが売れていた」(広報担当者)ことで、一昨年同月比12.3%増と伸ばしており、その影響もある。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら