MAISON FRANCIS KURKDJIAN記事一覧

10秒で読む

「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」は2009年に調香師のフランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)とマーク・チャヤ(Marc Chaya)が設立したフランスのフレグランスブランド。5アイテムから“フレグランス・ワードローブ”という考えのもと製品を拡充し、現在はオードトワレから洗剤、ボディクリーム、香り付きのシャボン玉まで、幅広くそろえている。各アイテムは、24時間、生活のあらゆるシーンを香り付ける役割を果たす。

15年の小売売上高は前年比40%増の約2500万ドル(約26億円)。直営店はパリに2店舗、台湾に3店舗、マレーシアに1店舗、ドバイに1店舗。その他世界40カ国・500以上の小売店で取り扱われており、日本ではブルーベル・ジャパンが輸入し、伊勢丹新宿店や三越銀座店、東京ミッドタウンなどで販売している。

17年3月、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が買収した。買収額は非公表。マーク・チャヤ=メゾン フランシス クルジャン最高経営責任者(CEO)およびフランシス・クルジャン=クリエイティブ・ディレクターは継続し、株を保有し続ける。