ファッション

同じ香料から生まれた2つのフレグランス フランシス・クルジャンによる新作が発売

 ブルーベル・ジャパンは、フランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)調香師が手がける「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」から新フレグランス「ジェントル フルイディティ(Gentle Fluidity)」(2種、各2万4600円)を発売した。

 アイテム名の「ジェントル」はブランドのコアバリューの一つである博愛を、「フルイディティ」は、命令に従う義務がなく個性を表現できる自由を表している。また最大の特徴は、ジュニパーベリーエッセンス、ナツメグエッセンス、ムスクなど49種類の同じ香料によって異なる2つの香りに仕上げた点だ。

 「ジェントル フルイディティ ゴールド オードパルファム」はオリエンタルムード。ムスクとバニラアコードが芳醇な香りをもたらす。フローラルでスパイシーな香りのコリアンダーシードエッセンスが優美な余韻を生み出し、ラストノートではアンバリーウッドがバニラアコードの香りを引き立て、明るく華やかな印象を与える。

 「ジェントル フルイディティ シルバー オードパルファム」は、アロマティックなウッディノート。ナツメグエッセンスとアンバリーウッドの心地よい香りが長続きする。さらにジンフラッペのようなジュニパーベリーの爽やかな印象と、ナツメグエッセンスのスパイシーな香りが調和し、ラストノートではアンバリーウッドの温もりのある甘さとドライな力強さを感じさせる香りが広がる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら