ビューティ

「ルイ・ヴィトン」から2年ぶりメンズ香水 流星を想起させるクリアなシトラスノート

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、メンズフレグランスの新作「メテオール(METEORE)」を8月28日に発売する。同メゾンは16年に70年ぶりとなる新作フレグランスのコレクション「レ・パルファン ルイ・ヴィトン」を発売し、その後18年はメンズ向けフレグランス5種を加えてラインアップを拡充した。今回は2年ぶり6つ目のメンズフレグランスとなる。

 メンズフレグランスコレクションはインハウス・マスター・パフューマーのジャック・キャヴァリエ(Jacques Cavallier)が“男性に捧げる旅”をテーマに調香。新作は流星を意味する「メテオール」の名の通り、水晶のような透明さやパワフルさ、すがすがしさを表現した。香料にはベルガモットやマンダリン、シチリアのオレンジを使用して生き生きとしたエネルギーを込め、カルダモンやナツメグなどのスパイスを組み合わせることでシトラスを引き立たせた。

 「オー ドゥ パルファン」(100mL 3万5000円、200mL 4万9000円)のほか、「トラベルスプレー」(7.5mL×4本 3万5000円)と「トラベルスプレーレフィル」(7.5mL×4本 1万9000円)を販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら