ファッション

「ルイ・ヴィトン」上海旗艦店、8月の売り上げは23億円か?

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の中国最大店舗、上海プラザ66店の8月の売り上げが2200万ドル(約23億円)に達するのではないかと中国の金融プラットフォームが報じた。米「WWD」が上海プラザ66の担当者に問い合わせたところ、この数字には信ぴょう性があるようだ。通常、同店の月間売上高はおよそ1100万〜1300万ドル(約11億〜13億円)だったという。

 「ルイ・ヴィトン」は数字の確認を拒否したが、同ブランドの中国での最高単店売上高を記録したとみられる。

 8月6日に上海で行った2021年春夏メンズのランウエイショーとそのライブ配信が大きく後押しした。巨大な風船オブジェとモデルが貨物コンテナから現れる光景は、ウェイボー(微博、WEIBO)で6800万ビュー、中国本土のティックトック(抖音、Douyin)で1800万ビュー、ウィーチャット(微信、WeChat)などを展開するテンセント(騰訊、TENCENT)で800万ビューを含む、世界中のさまざまなプラットフォームで1億回以上視聴された。

中国の地元メディアによると、ショーの招待客がプラザ66の店舗に押し寄せ、ショーに向けて、頭からつま先まで新シーズンのルックを手に入れようとしており、これが売上アップにつながったという。

 中国のバレンタインデーとされる8月25日の七夕(Qixi Festival)に向けた限定品発売と、コロナ禍で抑圧されたラグジュアリー消費への反動需要とが相まって、ここ数週間中国のラグジュアリーブランドの店頭には行列ができていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら