ファッション

「ケイト・スペード」が新シリーズを発売 スペードを組み合わせた花がモチーフ

 「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK 以下、ケイト・スペード)」は新シリーズ“スペードフラワー(SPADE FLOWER)”の第1弾を8月26日に発売する。一部を除く全国の「ケイト・スペード」店舗で取り扱う。

 “スペードフラワー”はブランドのシンボルの1つであるスペードを4つ組みわせた花のモチーフで、このアイコンを使用したコレクションは初となる。

 第1弾はピンクと深緑の2色のストライプのデザイン、緑が基調の3色のストライプとチェリーの刺しゅうを施したデザインの2つのラインを発表。それぞれ、ラージトート(5万3000円)、ミディアムトート(4万5000円)、ミニトップハンドルバッグ(3万3000円)の3型を用意した。使用したジャカード織りはイタリアの生地メーカー、リモンタ(LIMONTA)と共同開発したものだという。

 「ケイト・スペード」クリエイティブ・ディレクターのニコラ・グラス(Nicola Glass)は“スペードフラワー”について、「スペードを進化させたお気に入りのアイコン」とコメントした。今後は毎シーズン同シリーズのコレクションを発表する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら