ビューティ

「イソップ」から初のアロマキャンドルが登場 英メンズブランドとのコラボも発表

 「イソップ(AESOP)」は10月26日、ブランド初のアロマキャンドル(3種、各1万2500円)を発売する。香りを手掛けたのは、“ヒュイル オードパルファム”など多くのフレグランスを監修してきた、バーナベ・フィリオン(Barnabe Fillion)。

 3種のアロマキャンドルは、古代天文学と関連した神話からインスピレーションを得た、“星のようなキャンドル”をイメージ。いずれも古代天文学者の名前が付けられているのが特徴だ。“アグラオニケ アロマティック キャンドル”は、カルダモン、クローブ、ミモザをベースに、ほのかに残るタバコの香りが楽しめるスパイシーな香り。“カリポス アロマティック キャンドル”は、フランキンセンスやグアヤクウッドにシソをブレンドした、ウッディーでグリーンな香り。“プトレミー アロマティック キャンドル”は、シダー、サイプレスにベチバーを配合し、スモーキーでウッディな樹脂の香りを楽しめる。

 キャンドル1本の燃焼時間は、55~65時間。キャンドルの容器は陶器を採用し、外側にはレーザーでブランドのロゴを刻んだ。

 「イソップ」は1987年の創業以来、環境問題と向き合い、持続可能なモノ作りへの取り組みを行なっている。来年の2021年には、同じ価値観を持った、サステナブルな服作りを追求する英国人デザイナーのクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)が手掛ける「レイバーン(RAEBURN)」とコラボすることを発表した。1月にローンチし、コラボは継続的に行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら