ファッション

ロンドンメンズトレンドVol.3 コラボは続くよ、どこまでも

 2019-20年秋冬のコレクションから、トレンドになりそうなキーワードと、そんなムードが芽生えた時代背景、デザイナーの深層心理などを考える。初回から3回は、コレクション・サーキットの先陣を切ったロンドンメンズから、若手デザイナーの思いにフォーカスした。

若手×大企業のコラボは双方にとってメリット満載

「ボビー アブリー」2019-20年秋冬ロンドン・メンズ・コレクション

 ロンドンに限った話ではないが、コラボはもはやメンズ・ファッションに欠かせない戦略の1つになっている。特にロンドンメンズのデザイナーは、その多くが「ビジネスはこれから」の若手。生産背景は発展途上だし生産数は少ないから、価格は高額になりがちで、知名度の低い彼らがビジネスを継続するのは本当に大変。そんな中スポーツメーカーを中心とする大企業とのコラボは、相手先の生産背景やブランドネームが使えるから、価格が抑えられたり商品が広く伝わったりのチャンスも大きい。一方、コラボはビッグメーカーにとっても、いつもと違う新しく若い感覚をブランドにもたらすチャンスになっている。特に「ボビー アブリー(BOBBY ABLEY)」は毎シーズン、アニメやヒーローなどとコラボし、さまざまなキャラクターをストリートウエアに落とし込む。世界的キャラクターの力を借りて自身をプロモートしつつ、キャラクターをファッションの世界に誘ってきた。

 「リーボック(REEBOK)」とのコラボレーションを重ねてきた「コットワイラー(COTTWEILER)」は今季、「アレグリ(ALLEGRI)」とコラボレーション。クリーンでありながらアヴァンギャルドなスポーツウエアに、はっ水や防水などの機能付アウターを被せた。ブルゾンをフェイクレイヤードしたコートや、中綿入りナイロンとシープスキンを組み合わせたアウターは、「アレグリ」だけでは生み出せないもの。「リーボック」とコラボした、ローファー型のスニーカー“スニーファー”も同様だ。

 Tシャツには「メルセデス・ベンツ(MERCEDES BENZ)」や「アウディ(AUDI)」、イタリアのスポーツブランド「ロット(LOTTO)」などのロゴが踊る。「ベンツ」と「アウディ」、「リーボック」と「ロット」は競合ゆえ同じシーズンでコラボするなんて難しそうだが、現実のものになった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。