ファッション

「オッジ」が雑誌の世界観を体験できる公園を日本橋三越にオープン ヨガ教室や美術セミナーを実施

 小学館の女性ファッション誌「オッジ(Oggi)」は9月25日~11月8日、日本橋三越本店屋上の「日本橋庭園」で、ヨガ教室やセミナーなどを開催するスペース「オッジ・パーク」を開いている。「『オッジ・パーク』は構想2年。創刊28周年を迎えた『オッジ』ブランドを、紙面やウェブとは異なる形で世の中の女性に発信したいと考えていた」と、同誌の塩谷薫編集長。オープニングイベントには、9月28日に発売する11月号から同誌専属モデルとなる滝沢カレンも登場した。

 塩谷編集長は、「キャンキャン(CanCam)」編集長時代にナイトプール企画を成功させている。今回の「オッジ・パーク」も、雑誌のブランド力を生かした事業企画の一つだ。期間中の金、土、日曜にはヨガや座禅のワークショップをチケット予約制で実施し、美術品に強い日本橋三越本店らしい企画としては、山田五郎による「知識ゼロからの西洋絵画入門」といったセミナーも予定している。また、10月に同店で行われる「ロエベ(LOEWE)」のイベントとも連動する計画があるという。

 期間中は、地下1階食品売り場の「グリル満点星」など、人気店舗による限定メニューも屋上で食べることが可能。オープニングイベントに登場した滝沢カレンは、「新型コロナで遠くに行くことはなかなかできないが、ここは空が近く、緑もあって都内なのに都内ではないみたい」とコメント。また、牧野伸喜・日本橋三越本店長は「屋上は日本橋三越本店にとって特別な場所。コロナで来店客数は減っているが、『オッジ・パーク』は近隣で働く女性をはじめ、さまざまなお客さまに喜んでいただける場所になると期待している」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら