ビジネス

もしも叙勲を受けたなら? 三越日本橋本店の接客パッケージを体験してみたらスゴかった

 今秋、ツイッターで「三越日本橋本店の『もしもの時』の準備の前提のレベルが高すぎるw」という投稿が話題になりました。同店を訪れた消費者が、店内の「もしも褒章・叙勲内示がお手元に届いたら」というPOPを見て投稿したもので、リツイート数は1.3万件、いいね数は2.2万件にのぼります。ツイッターは「少なくとも私にはそんなもしもの想定は不要」「馴染みがなさ過ぎて漢字が読めない」といったコメントで沸きましたが、実際のところ、同店は叙勲を機に訪れる客が少なくありません。そんな客にスムーズに対応するため、今秋からは「叙勲した客にはコレ!」的な接客パッケージまで準備しています。果たしてどんな接客なのでしょうか。いつの日か叙勲を受けることを夢見て、接客されてきました。

 「叙勲内示が手元に届いた!どうしよう!」となったらまず訪れたいのが、同店1階のレセプションです。このレセプション、今秋の改装でパーソナル接客強化のために設置されたもので、ホテルのフロントデスクのような雰囲気。インフォメーションガイドと呼ばれるスタッフが客の相談に乗り、そこから各売り場へとつなぎます。事前にホームページから予約をして訪れるとよりスムーズです。

 記者を担当してくれたガイドは、三越歴35年という米原かをりさん。無知な記者に、叙勲を受けると皇居内(皇居外の場合もあり)で開かれる式典に呼ばれることや、そこでの服装マナー、式典の後に行うお披露目パーティーの手はずなど、叙勲にまつわるイロハを教えてくれました。実際、こうした相談を受けることはよくあるそうで、「春と秋の叙勲発令後の1カ月は、館全体で10~15件はご相談を受けるのではないか。特にお話をされない方を含めればもっといらっしゃる」とのこと。「叙勲のご相談に関して経験豊富な社員が多いので、『三越なら間違いないだろう』と安心していただけているのでは」。確かに米原さんは慣れていて、とても頼りになります。

 式典の衣装として、まず勧められたのが和装。米原さんに4階の呉服売り場に案内され、そこで呉服売り場のコンシェルジュである齋藤健司さんにバトンタッチします。「お客さまは呉服売り場に一人で来ても誰に声を掛けていいか分からない。その点、しっかり引き継ぎをするので安心していただけるようです」と齋藤さん。コンシェルジュとは、スーパー販売員とでも呼ぶべき接客のプロ。同店のパーソナルショッピング強化戦略の中で、18年4月に新設された役職です。

 齋藤さんは米原さんからの事前情報をもとに、私に合う着物(仕立て前)を選んでいてくれました。「既婚女性の第一礼装は黒留袖(結婚式で新郎新婦の母親などが着ている黒い着物)か色留袖。しかし皇居に参内する場合、黒は喪を連想させるのでNG。色留袖の五つ紋(胸元や背中などの5カ所に家紋を入れる。三つ紋より格式高い)をオススメしています」として見せてくれたのは、黄やピンクの着物。記者は30代半ばのため、明るい色を提案いただきましたが、実際に叙勲関係で来店する方はベージュやゴールドといった色を選ばれることが多いそう。人間国宝の作家の手による着物も提案いただきました。こちら、仕立て代を入れるとお値段300万円弱とのこと。すすめていただいた他の着物は、仕立て代込みで230万円ほどだそう。

 三越日本橋本店の呉服売り場は他の百貨店のそれと比べても圧倒的に格式高く、そんな中で美しい着物を見せてもらうとかなり気分が高揚してきます。本当に叙勲を受けていたら思わず買っちゃうかも!などとも思いますが、着物はどうしたって仕立てに時間がかかる。多忙により、気付いたら式典が迫っていたという想定で、3階婦人服売り場でも提案してもらいました。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら