ビジネス

三越日本橋本店のビックカメラが1.7倍に増床 高級家電の好調を受けて

 三越日本橋本店は、新館で営業する「ビックカメラ(BIC CAMERA)」を1.7倍に増床して9月18日にオープンする。同店のビックカメラは今年2月に開店したばかりで、富裕層に強い老舗百貨店に家電量販店を入れる試みが話題になっていた。高級家電を中心に販売が好調なことから、わずか半年で拡大を決めた。

 現状のビックカメラは新館6階の売り場面積1200平方メートルで白物家電やテレビ、健康・美容家電、スマートフォン、パソコンなどを販売している。増床後はこれまで催事場だった7階の800平方メートルが加わる。手薄だったフィットネス機器やオモチャ、照明器具を拡充するほか、リフォームの相談にのる「リフォームカウンター」を設置する。

 三越日本橋本店の強みである外商を中心とした富裕層の送客によって、全国のビックカメラの中でも客単価が最も高い店舗になっていた。同店だけの家電コンシェルジュが三越のスタイリスト(販売員)と連携し、家電の全般的な提案を行うほか、商品搬入の立会い、アフターケアまで行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら