ファッション

「リーボック」から初の植物由来素材の高機能ランニングシューズ登場

 「リーボック(REEBOK)」は10月1日に、独自のクッショニング素材“フロートライド”を搭載した軽量型ランニングシューズのサステナブルモデル“フォーエバー フロートライド グロウ”を公式オンラインショップと一部の店舗で発売する。

 リーボックは2024年までに全ての原材料からバージンポリエステルを完全になくすことを目標に掲げる。“フォーエバー フロートライド グロウ”はその取り組みの一環として誕生した。ミッドソールには、積水化成品工業が持続可能な方法で栽培されたトウゴマから開発した“エラスティル BIO”素材を採用した。高いクッション性と反発性を持ち、オリジナルモデルの“フォーエバー フロートライド エナジー2”と同等のパフォーマンスと軽量クッション性を維持した。アッパーは生分解性のユーカリを原料とした素材で、耐久性と通気性を兼ね備える。ソックライナーには、侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いて、天然の防臭効果を持たせた。アウトソールは従来の石油ベースのゴムではなく、柔軟性と耐久性を持つ天然ゴムの木から採取したものを採用した。サイズは25~31cm(メンズ)と23cm~28cm(ウィメンズ)をそろえる。価格は1万5400円(税込)。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら