ファッション

「リーボック」から初の植物由来素材の高機能ランニングシューズ登場

 「リーボック(REEBOK)」は10月1日に、独自のクッショニング素材“フロートライド”を搭載した軽量型ランニングシューズのサステナブルモデル“フォーエバー フロートライド グロウ”を公式オンラインショップと一部の店舗で発売する。

 リーボックは2024年までに全ての原材料からバージンポリエステルを完全になくすことを目標に掲げる。“フォーエバー フロートライド グロウ”はその取り組みの一環として誕生した。ミッドソールには、積水化成品工業が持続可能な方法で栽培されたトウゴマから開発した“エラスティル BIO”素材を採用した。高いクッション性と反発性を持ち、オリジナルモデルの“フォーエバー フロートライド エナジー2”と同等のパフォーマンスと軽量クッション性を維持した。アッパーは生分解性のユーカリを原料とした素材で、耐久性と通気性を兼ね備える。ソックライナーには、侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いて、天然の防臭効果を持たせた。アウトソールは従来の石油ベースのゴムではなく、柔軟性と耐久性を持つ天然ゴムの木から採取したものを採用した。サイズは25~31cm(メンズ)と23cm~28cm(ウィメンズ)をそろえる。価格は1万5400円(税込)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。