ファッション

「メゾン マルジェラ」 × 「リーボック」の“タビ”の“インスタポンプフューリー”がいよいよ発売

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は9月23日に、「リーボック(REEBOK)」とコラボレーションしたシューズを発売する。

 2020年春夏“アーティザナル”コレクションで披露された同シューズは、日本の伝統的な足袋から着想した、つま先が2つに分かれた「メゾン マルジェラ」のアイコンシューズの“タビ(TABI)”と、ポンプ構造でフィットを調整できる「リーボック」の“インスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)”を融合したデザイン。

 ラインアップはウィメンズモデルの9cmのヒールタイプ(18万円)と、メンズのフラットタイプ(14万円)の2型で、それぞれオールホワイト、オールブラック、イエロー×ブラック×レッド、ブルー×ブラック×ホワイトの4色をそろえる。

 フラットタイプは「メゾン マルジェラ」のスニーカー“レトロ フィット”のソールデザインを踏襲し、クッション性と衝撃吸収性のある「ヘクサライト(Hexalite)」をミッドソールに内蔵し、ヒールタイプにはソールを支えるカーボン素材のシャンク「グラフライト(Graphlite)」を採用するなど、老舗スポーツメーカーである「リーボック」ならではの機能性を備えている。

 9月23日に「メゾン マルジェラ」 × 「リーボック」特設オンラインサイトのほか、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、阪急メンズのそれぞれのオンラインストアで販売を開始。10月8日以降は東京・恵比寿のメゾン マルジェラ トウキョウ、銀座のドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)のほか、一部セレクトショップで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら