ファッション

「メゾン マルジェラ」 × 「リーボック」の“タビ”の“インスタポンプフューリー”がいよいよ発売

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は9月23日に、「リーボック(REEBOK)」とコラボレーションしたシューズを発売する。

 2020年春夏“アーティザナル”コレクションで披露された同シューズは、日本の伝統的な足袋から着想した、つま先が2つに分かれた「メゾン マルジェラ」のアイコンシューズの“タビ(TABI)”と、ポンプ構造でフィットを調整できる「リーボック」の“インスタポンプフューリー(INSTAPUMP FURY)”を融合したデザイン。

 ラインアップはウィメンズモデルの9cmのヒールタイプ(18万円)と、メンズのフラットタイプ(14万円)の2型で、それぞれオールホワイト、オールブラック、イエロー×ブラック×レッド、ブルー×ブラック×ホワイトの4色をそろえる。

 フラットタイプは「メゾン マルジェラ」のスニーカー“レトロ フィット”のソールデザインを踏襲し、クッション性と衝撃吸収性のある「ヘクサライト(Hexalite)」をミッドソールに内蔵し、ヒールタイプにはソールを支えるカーボン素材のシャンク「グラフライト(Graphlite)」を採用するなど、老舗スポーツメーカーである「リーボック」ならではの機能性を備えている。

 9月23日に「メゾン マルジェラ」 × 「リーボック」特設オンラインサイトのほか、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、阪急メンズのそれぞれのオンラインストアで販売を開始。10月8日以降は東京・恵比寿のメゾン マルジェラ トウキョウ、銀座のドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)のほか、一部セレクトショップで取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら